伝わる言葉のプロフェッショナル AD-studies 株式会社アド・スタディーズ お問い合せ 社員教育は アド・スタディーズ

文章上達講座 > 課題 : [社長の話]

課題 : [社長の話]

まず、下記「社長の話」を読んでください。この内容を「分かりやすい簡潔な文章」に再構成し、社員全員に配布するビジネス文書を作成してください。


社長の話

最近よく思うのだが、部長連中だけが分かったつもりのことでは、まったくだめだ。油断するから信用を失う。これくらい大丈夫と思う油断がこわいのだ。最近よく起こっている企業の不祥事もこんなことから起こるのだよ。現場のスタッフ・社員が分かってなければ、どんなことを取り決めても机上の空論になってしまう。実は、先日、こんな話を聞いた。ゴミバコに名前と電話番号が書かれたメモが、無造作に捨てられていたらしい。シュレッダーがそこいら中にあるんだから、なぜ、使わないのか。油断なのか、怠慢なのか、それとも、他に理由があるのか。とにかく、だらしない。調べたら、お客さまの個人情報で、それも一人や二人じゃない。しかし、だらしないって、怒っていても解決しないだろ。とにかく社員の意識が低いんだよ。どうしたらいい。わが社みたいな会社で、個人情報保護法がまったく機能していなくて、それで問題が起きたら、それこそ大変だろ。とにかく、大切なことが、底辺の社員まで伝わらないことが一番問題なんだよ。社長だけが大声だしても何の解決にもならないとしたら、あとは、部課長がしっかりしてくれないと、どうしようもない。意識が低過ぎるんだよ。徹底しなきゃ。このままだと、大変なことがおこるぞ。


社員教育関連のお問い合せはこちら → お問い合せ

この課題に関連するページ

課題 [オートバイ]
課題 [掘りごたつ]
課題 [社長の話]