伝わる言葉のプロフェッショナル AD-studies 株式会社アド・スタディーズ お問い合せ 社員教育は アド・スタディーズ

アド・スタディーズの研修・社員教育セミナー

ビジネスメール講座

■ 講習の目的

ビジネス文章の目的は、唯一、「効率的な伝達」です。
したがって、

  1. 伝えるべきことが伝わる
  2. 誤解されない
  3. 時間をとらせない
  4. 好印象を与える

以上4つが重要ポイントとなります。
ビジネスメール講座の最終目標は、これらの4条件を満たすメールが書けるようになることです。

本講座に最適な方
  • ◎ ビジネスでメールを多用される方
  • ◎ 営業関連のビジネスメールを書かれる方
  • ◎ 消費者向けのビジネスメールを書かれる方
  • ◎ 広報関係等、重要なビジネスメールを書かれる方
  • ○ クレームの返信メールなど、デリケートなメールを書かれる方
  • ○ ビジネス以外の一般メール文の質的向上を望まれる方
本講座を修了すると
  • 目的にかなった簡潔明快なメール文が書けるようになります。
  • 説得力のあるメール文が書けるようになり、仕事の成果が向上します。
  • ビジネスマナーにマッチしたメール文が書けるようになり、好印象を与えられます。
  • メールでの誤解が少なくなり、ビジネス効率がアップします。
  • メールがスピーディに書けるようになり、仕事の効率アップにつながります。

■ 講習の内容

段階を踏んで、次の内容を習得します。

  1. 情報の整理 ⇒ 必要情報を分かりやすく整理する
  2. 情報の再構築 ⇒ 伝達しやすいように情報の構成を見直す
  3. 結論は何かを認識する ⇒ 伝達の最重要点を決める
  4. 結論を先に ⇒ ときに最重要ポイントとなります
  5. ビジネスメールの形式
  6. 簡潔明瞭な文章の条件を知る
  7. 課題文を作成する
  8. 課題文を発表する
  9. 他の講習生が書いた課題文と比較してみる
  10. 講師の総評を聞いて新しい目標を立て、再チャレンジする

社員教育関連のお問い合せはこちら → お問い合せ


チャレンジ!

実際の講座で使われる課題です。適切なメール文、書けますか?

課題 [発注メール]
課題 [クレーム対応]
課題 [メールで説得]
アドスタディーズコラム : 苦手意識は治る

文章を書くのが苦手な方は、メール文も苦手なケースがほとんどです。
いままで、文章を書くトレーニングを受ける機会が少なかったことが、原因の多くを占めています。

ですから、

1.分かりやすい文章とは、どのようなものなのか
2.説得力のある文章とは、どのようなものなのか
3.誤解されない文章とは、どのようなものなのか

以上3点を、具体的なトレーニングを通じて習得すれば、苦手意識が自然に改善されていきます。


さらに、

1.ビジネスメールの基本形式
2.ビジネスマナーに則したメール文
3.ビジネスメールで使用するのに便利なフレーズ

以上3点を、トレーニングを通じて実践的に習得します。

これらのトレーニングを繰り返すことによって、見違えるほど「説得力があり」、「簡潔明快」でかつ、「好感を与えられる」メール文が書けるようになるので、自信がついてきます。
自信がついてくると、メール文を書くことが好きになり、メール文の質的な向上に拍車がかかることになります。


社員教育関連のお問い合せはこちら → お問い合せ