伝わる言葉のプロフェッショナル AD-studies 株式会社アド・スタディーズ お問い合せ

代表者プロフィール > 著書 『頭がいい人の「すごいひと言」』Web立ち読み

頭がいい人の「すごいひと言」

はじめに

はじめに | 目次 | おわりに

はじめに

頭がいい人は、「ほんのひと言」で自分の意志を伝えることができます。「ほんのひと言」だからこそ分かりやすく、誤解も生じないのです。「ほんのひと言」だからこそ、説得力があり、いつまでも記憶に残るのです。
結局、頭がいい人は、コミュニケーションの達人でもあるようです。
では、具体的には、どんな「ひと言」なのでしょう。

仕事を成功に導くビジネス・コミュニケーションのノウハウとして、できるだけ具体的に、頭がいい人の「すごいひと言」を紹介したのが本書です。
このところ、ビジネスマナーやビジネス・コミュニケーション関連で、相談を受けることが多くなっています。若年社員を中心に、マナーやコミュニケーションがなっていないのだそうです。
なぜ、若い社員の「基礎的ピジネススキル」が低下してしまったのでしょうか。社会人として必要な「実技」が身についていないまま、ビジネスマンになってしまった人が少なくないからです。
しかし、この問題は、頭をかかえるほど解決が困難なわけではありません。基本的には、家庭や学校で教えるべきことを教わってこなかった結果なのですから、やってこなかった分、社会人としての免許がとれるまで、「補習」すればいいのです。
ただ、ここで間違ってはいけないことかあります。

いくら補習をしても、学科だけでは不十分です。車の運転と同じように、頭ではなく体で覚えなければ、仕事の現場では、役立たないからです。 さらに、「部下へのコミュニケーション」のように、ビジネスマンになってから学ぶべきこともあります。

本書では、ビジネス・コミュニケーションをいかに「実技としてお伝えするか」に、最大の力点を置いています。本番できちんと出来てこそ、実技です。そのために、頭がいい人の「すごいひと言」を出来るだけ多く紹介いたしました。この「ひと言」を記憶しているだけで、いいビジネス・コミュニケーションが出来るようになります。
まずは、目次をご覧ください。

著者 田村仁

はじめに | 目次 | おわりに