伝わる言葉のプロフェッショナル AD-studies 株式会社アド・スタディーズ お問い合せ

代表者プロフィール > 著書 『たった1行で!売る』Web立ち読み

たった1行で!売る
思わず買ってしまう商品
「キャッチフレーズ」の極意

目次

はじめに | 目次 | おわりに

はじめに ◆商品の売行きは「たった1行」の訴求力で決まる 

第一章 売れる!商品には理由がある
1.商品のよさが伝わらなければ、売れるはずがない
2.よさが「わかる商品」と「わからない商品」の違い
3.あなたの商品の「チャームポイント」は明確か
4.もっといい商品なら売れる、と思うのは営業マンの責任回避
[コラム] CMタレント思い出エピソード1【山口百恵さんの場合】

第二章 たった1行で!劇的に売れる
1.たった一行の「商品キャッチフレーズ」が商品の価値を決める
2.「商品キャッチフレーズ」がよければ、思わず買う気になる
3.キャッチフレーズを変えたら、劇的に売れた!実際例
4.オークションも「商品キャッチフレーズ」で決まる
[コラム] CMタレント思い出エピソード2【中島美嘉さんの場合】

第三章 売れる!「商品キャッチフレーズ」に変える
1.「商品キャッチフレーズ」は魅力のメッセンジャー
2.商品を売るプロが考えた「商品キャッチフレーズ」こそ最強 
3.セールストークは「商品キャッチフレーズ」の源泉
4.あなたなら、商品のよさをどのように説明するか
[コラム] CMタレント思い出エピソード3【所ジョージさんの場合】

第四章 売れる!「商品キャッチフレーズ」の基本は3つ
1.[第1原則]全力をあげて商品の「チャームポイント」を発見する
2.[第2原則]一瞬でわかる短文を使う
3.[第3原則]競合品と差別化する
4.「基本3原則」で商品力が強化された実践事例
[コラム] CMタレント思い出エピソード4【浅田美代子さんの場合】

第五章 商品の「チャームポイント」を開発する4つの道筋
1.商品愛用者の意見に真のチャームポイントが隠されている
2.新製品なら、消費者調査が一番の近道
3.チャームポイント開発の専門家に学ぶ3つの手法
4.どうすれば、魅力度をもっとアップできるか
[コラム] CMタレント思い出エピソード5【高橋恵子さんの場合】

第六章 たった1行で!伝える4つの技術
1.キーワードを探る
2.短文で語る
3.かっこいい言葉を排除する
4.「ひとりよがりに陥っていないか」をチェックする
[コラム] CMタレント思い出エピソード6【林寛子さんの場合】

第七章 商品を最大限に目立たせる4つの秘訣
1.商品から情報発信する
2.「差別化ポイント」を徹底的に強調する
3.商品が目立つとはチャームポイントが目立つこと
4.可能な限り「優位性を誇示」する
[コラム] CMタレント思い出エピソード7【小西真奈美さんの場合】

第八章 売れる!広告と売れない!広告の4つの違い
1.テレビCMの3本に2本は商品について何も伝えていない
2.広告ではなく、商品が魅力的に見えることが重要
3.目立つための仕掛けが商品の存在感を薄くする
4.売上げ急伸広告は「商品キャッチフレーズ」を中心に作られる
[コラム] CMタレント思い出エピソード8【真野あずささんの場合】

第九章 そして!あなたの商品の売上げが急拡大する
1.売上げ急拡大への条件はそろった!
2.「商品キャッチフレーズ」かんたん作成マニュアル
3.あなたにも作れる「売れる!商品キャッチフレーズ」32事例集

おわりに ◆効果のない「商品キャッチフレーズ」を1日放置すれば、1日売上げを失うことになる!

はじめに | 目次 | おわりに