伝わる言葉のプロフェッショナル AD-studies 株式会社アド・スタディーズ お問い合せ

代表者プロフィール > 著書 『たった1行で!売る』Web立ち読み

たった1行で!売る
思わず買ってしまう商品
「キャッチフレーズ」の極意

はじめに

はじめに | 目次 | おわりに

◆商品の売行きは「たった1行」の訴求力で決まる

商品が粗悪品でない限り、売上げを伸ばす方法は必ず見つかります。そのために今すぐ変えなくてはならないのが、「商品キャッチフレーズ」です。なぜなら、ほとんどのケースで、商品の魅力が伝わっていないことが売上げ不振の原因となっているからです。
適切な「商品キャッチフレーズ」を開発することができれば、

▼たった1行で、あなたの商品を「売れ筋品」に変える

ことが可能です。 では、誰が「商品キャッチフレーズ」を作ればいいのでしょうか。宣伝部や広告代理店任せにしているのなら、そのやり方を改める必要があります。「商品キャッチフレーズ」の作成と決定は企業の最重要課題です。なぜなら、「商品キャッチフレーズ」によって商品価値の方向性が決まり、売上げに決定的な影響を与えるからです。では、誰にこの使命を任せればいいのでしょうか。
それは、商品を一番よく知っている人間であり、消費者の動向や販売の現場を一番よく知っている人間です。会社で言えば、研究開発やマーケティングの担当者、そして営業マンです。オーナー社長がみずから筆をとっている例も少なくありません。
オンライン証券最大手の松井証券では松井社長が「商品キャッチフレーズ」を考案し決定してきました。単行本「白い小犬のワルツ」がベストセラーになったきっかけをつくったのは、一書店の営業マン(現場の販売員)が書いた一片の推薦文です。出版業界では『白い小犬のワルツ』以降、

▼営業マン発のベストセラーが続出

しています。

研究開発やマーケティングの担当者、あるいは営業マンにそんな専門的な仕事ができるのか、という声が聞こえてきそうです。結論は、YESです。
「商品キャッチフレーズ」は、商品の最大の魅力を簡潔に語った言葉です。商品の魅力がわかっていない研究開発やマーケティングの担当者、あるいは営業マンはいないはずであり、知恵を絞れば簡潔な文章を作ることなど、さほど難しくはないからです。広告のプロが制作したPOPより、店員が作った手書きPOPのほうがはるかに効果的だった事例など、枚挙にいとまがありません。
研究開発やマーケティング、そして販売の最前線とは無関係に「商品キャッチフレーズ」が作られるとしたら、むしろそのことのほうが問題です。
魅力あふれる「商品キャッチフレーズ」で商品が飾られ、営業のすべての現場で営業マンが同じ言葉を語り始めたとき、さらに同じ「商品キャッチフレーズ」によるパンフレットや店頭POP、そして広告のバックアップがなされたとき、

▼あなたの商品は最強になる

のです。

あなたの力であなたの商品を強い売れ筋品に変えるチャンスはここにあります。
よりよい商品をつくり、商品のよさを徹底的に伝達する。企業が成長し繁栄していくポイントはこの2つのプロセスに凝縮されます。たとえば、花王が24期にわたって連続して増益を達成した根源的な理由もここにあります。
「スプーンー杯で驚きの白さに」。かつて私が作成した花王の洗剤アタックの「商品キャッチフレーズ」です。1987年の新発売直後から現在に至るまでアタックが洗剤のトップブランドとして君臨しているのも、この2つのプロセスがあったからに他なりません。
本書では商品の魅力を一瞬で伝達する「商品キャッチフレーズ」開発技術を中心に、あなたの商品を売れ筋品に変える手だてを具体的に解説いたしました。あなたはまだ半信半疑でしょう。しかし、ぜひ本書を読んでください。あなたの商品を売れ筋品に変える手法が、

▼1日早く読めば1日早く、あなたのものに

なるのです。

はじめに | 目次 | おわりに